働き方改革の第一歩としてRPAの導入を

RPA

RPAとはRoboticProcessAutomationの略称で、意味はロボットによる業務の自動化です。混同されがちですが、AIとはまた別のシステムですので注意してください。これを導入することによって、人件費の削減や人為的なミスを減らすことができます。働き方改革などによる業務体制の見直しが進む一方で、少子化による労働人口の減少も深刻な問題です。RPAの導入はこういった問題の解決策としてあげられています。この記事ではRPAのセキュリティー的な問題や導入のメリットやデメリット、AIとの違いについて紹介していきます。これからRPAの導入を検討しているという方の参考になれば幸いです。まずAIとの違いについてですが、AIは大量にある情報やデータから分析する能力がありますが、RPAは単純作業を行なうことが主な役割です。そのためAIよりも導入が簡単であると言われています。

RPAを導入するメリット、デメリット

RPAを導入するメリットは、データ入力などにかかる人件費の削減や人が同じ作業をする場合に起きる可能性のあるミスを減らすことができることです。またロボットには食事や休憩といった概念がないので、24時間365日働いてもらうことができます。反対にRPAを導入するデメリットは、災害などでシステム障害が発生した時に業務が停止してしまうことやパソコンなどのバージョンアップにシステムが対応できず、間違った指示のまま業務が遂行され続けてしまう可能性があることなどがあげられます。またパスワードの管理などをきちんとしなければ、機密漏えいのリスクが伴います。こういった点も踏まえて導入するかどうかの判断をすることが大切です。またRPAを導入する場合はトラブルが起きる前に、対策を考えておくと良いでしょう。

RPAのセキュリティー対策について

RPAを導入する上で、セキュリティー対策は大切です。例えば機密漏えいを防ぐ方法としては、アクセスできる人間を限定したり、監視機能を使用したりするなどの対策をすると良いでしょう。システムに頼りきりになるのではなく、どのような仕組みで動いているのかを知ることも大切です。RPAのシステムを導入する前に、すでに導入している会社などから使い心地や評判などを聞いておくとツールを選ぶ時に役立ちます。災害などの不確定要素については、避けようがないので日頃からどのようにすれば良いのか会社内であらかじめ決めておくことが大切です。事前の情報収集や対策がセキュリティー対策の鍵になります。対策にかかるコストも踏まえて、RPAを導入するか否かを検討しましょう。不安な場合は専門家にアドバイスをもらっても良いでしょう。