業務改善にRPAをお役立てください

RPA

RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーションの事で、人員不足やコスト削減のために業務効率化を図る為、導入が進んでいます。導入当初はかなり高価で導入する企業も殆ど見受けられませんでしたが、今はだいぶ安価になり、導入する企業も増えてきました。ソフトウェアロボットを活用して、業務を自動化することを意味します。工場などで今まで人間が作業してきたコンピューター処理を、ロボットが一貫して行い、情報の収集、処理、分析までをロボットとコンピューターで業務を行うのです。そのため人の手が入らないことで、人が起こすケアレスミスを最小限に減らせます。ただ、RPAを使用すればミスが減り業務効率化は図れますが、リスクが全くないわけではありません。リスクの種類が変わるのです。その新たに発生するリスクに注意する必要があります。

RPA導入についてのリスクを説明します

RPA導入と使用については、きちんとリスクを知った上で使用開始に踏み切る事が先決です。まず、いくらロボットで人間より正確性が高いとはいえ、そのロボットを動かすプログラムを作成し、実行するのは人間です。プログラムの品質をきちんと確保するために、きちんとした開発プログラムが必要となります。その次に、このRPAのプログラムに対してのデータの確保とバックアップの確保が必要となります。せっかくしっかりとしたプログラムを作成しても、データの改ざんなどが発生してしまってはプログラムの制作期間が水の泡となってしまいます。そのためここはしっかりとしたデータの確保が必要となりますし、バックアップもしっかりと取っていかなければなりません。RPAを導入するということは電気の供給が必要となります。停電などのトラブルに対しての備えも必要です。

RPA導入に対してきちんとした業務改善に繋げましょう

内部統制に対してのRPA導入は業務改善と人員削減といったメリットが大きくあります。ですが、このRPA導入に際して、全社レベルでの意識や対策、従業員のレベルに対しても変わってきます。新しいものの導入は、それを扱う従業員の手にかかってきますので、きちんとした教育というものを経たうえで業務改善に繋がっていくのです。そして、今まで人間が行ってきた業務をRPA導入後はRPAが人間に代わって行うわけですが、人間の手が一切入らないわけではありません。このRPAを動かすのは人間なのです。そのため作業が自動化しますが、その自動化された部分がブラックボックス化しないよう、きちんと人間の管理としてロボットが行った作業工程を把握すると言う事が必要になってくるのです。ですので、RPA導入に際し、各組織の意識づくりやシステム管理、セキュリティ管理などもきちんと行ったうえで、業務改善に繋げていきましょう。